車いすと仲間の会ロゴ        

目 的
当会は、ハンディキャップのある市民と一般市民の交流を基本に、「共に生きる」 という新しい社会を目指す福祉思想を表現しようとするものです。
今日までの障害に対する差別や偏見は、障害者を隔離するあり方から生じた人間社会につくられてきた切り捨ての意識の問題であり、 容易に変わらないのですが、少しずつでもなおしていかなければなりません。すばらしい心の環境は、温かな心のふれ合いが必要です。 そのために、様々な活動を通して、ハンディキャップのある市民と地域住民、特に子ども達との交流に焦点をあて、幼い時から のふれ合いを通し、「障害」というものについて考え、みなそれぞれ同じ人として、尊い命を持つ同じ人であることの仲間意識を 育て、これを通じて、福祉のあり方に対して正しい理解への啓蒙を進めていくものであります。

      代  表:香田晴子
      事務局長:児玉浩一、 事務局:中井敬二、宇野善幸
      会員数:93名
      主な年間活動:7月 祇園祭鉾引きボランティア参加(20名) 協力団体一覧
               9月 キャンプ(参加者70名)
              10月、11月 福祉祭にて車いす体験コーナー実施
              12月 ノートルダム女学院ボランティア講習会実施、 ノートルダム女学院クリスマスパーティ参加
              ・小、中、高等学校、講演依頼に対応(随時受付)
      規  約   ・車いすと仲間の会規約(PDF)
 
   車いすと仲間の会では今年から来年にかけて40周年を迎えます。
これを記念して過去を知り未来へ向けて若者にメッセージを託すため、過去のデータの収集整理を行っています。記念のイベントの予定しています。
 つきましては仲間の会のキャンプや福祉祭にご参加、協力いただいた方々からメッセージや写真を募集、お願いをしています
 メッセージ・写真ともデータ、または紙ベースでお送りいただきたいのです、(こちらでデータ化して写真はお返しいたします)
仲間の会事務局までご連絡をいただけますようにお願い申し上げます。

・TEL:075-671-8484/FAX:075-671-8418
 
事業内容ロゴ
    
     

ワークス共同作業所バナー 日本自立生活センターバナー 日本自立生活センター自立支援事業所バナー
ページトップへ